メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

本年度第一回世話人会開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後3時半より
会場 同志社大学今出川校地「良心館 410番教室」
(交通) 京都駅より地下鉄烏丸線10分の「今出川駅」下車1番出口すぐ
交通アクセス(同志社大学web)
googleマップ

世話人会は会員であれば誰でも出席し、意見を述べることができますので、会員の方は奮ってご参加ください。また、本年度の世話人も合わせて募集いたしております。世話人は選挙ではなく、会員であれば誰でも自己申告によりなることができます。

世話人になりたいとお思いの方は、世話人会にご参加いただくか、または直接事務局へご連絡ください。

会員によるセミナー開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後12時半より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
内容 プログラム(PDF形式, 117KB)
参加費 無料(会員でなくても誰でも参加できます)
連絡先 福本(fukumoto●chem.sci.osaka-u.ac.jp)●を@に変更
  
投稿者 : solo 投稿日時: 2010-05-07 09:17:09 (1697 ヒット)
当学会の会費について、設立趣意書には「形式ばった組織・硬直した運営を避け、インフォーマルな学問交流の場とする。会員は登録されるが、当分の間会費は定めない。運営に必要な資金は、すべて会員の任意の寄付によるものとする。」と謳っております。

エントロピー学会のweb siteには、上記設立趣意書の次に、組織運営の基本的原則が列記されておりますが、会費について次のような記述があります。
「会員には年会費を支払っていただきますが、定款がありませんから、会費の額を決めることができません。この学会を維持していくためには経費が必要で、その額は会員一人あたりおよそ年間5000円程度です。この金額を目安に会費をお支払いいただいております。もちろんこれより多くても少なくても、会費を支払っていただければそれでいいのです。」。

設立当時の私たちは、学問のあり方や、学会や大学のあり方に、根源的な問題意識を持っていたため、既存の全ての価値観に対し別のあり方を探し求めようとしておりました。オルタナティブという言葉が1980年代の時代の精神でもありました。会員を律する定款を定めなかったのも、そのような時代背景がありました。

誰も他人や組織に強制されるのではなく、自由で自覚的な個人の自発的な意志によってこの学会が運営されるのが良いと、その当時は考えておりました。また私たちがたどり着いた新しい考え方を、多くの人たちに伝えて行くには、最初にそのことに気付いた者が率先して、多くの人たちに情報を伝えていかねばならない、という想いもありました。
さらには、私たちは当時の公害や環境破壊によって被害を受けている社会的弱者と同じ立場に立って学問を進めていかねばならない、という想いもありました。
そのような想いから、会費の額は、あくまでもそれぞれの会員の財政状況や、学会への想いの深さなどから、自発的に任意に決める、という原則で運営して参りました。

私はこの自由な個人による自発的な精神によって新しい学問が始まるであろうとした設立当時の考え方が、間違っていたとは、今でも考えておりません。しかし、時代が移り、80年代の改革への熱い思いも今や過去のものとなり、この組織運営の原則はもはや時代の精神にあわなくなってきてしまったことを、残念ながら認めざるを得ないと考えております。会員の「真面目な人が不真面目な人の負担を負うということが理解できません」という考え方は、現在の当学会の中で多くの人たちが共有していると思います。

発足以来27年の歳月を積み上げてきました当学会は、財政問題だけではなく、いくつかの深刻な問題に直面し、存亡の危機に瀕しております。この苦難の季節を乗り越えていくために、理想主義的な組織原則を捨てて、ごく当たり前の普通の組織の運営原則に切り替え、退会措置を含む定款を定め、厳密な会費制に切り替えていかざるを得ない、と考えております。私たちは、27年前に定めた組織原則を総点検し、新たな組織として再出発するため、真剣な議論を始めております。

2010年5月6日
事務局担当世話人
藤田祐幸

投稿者 : k-yasuda 投稿日時: 2009-01-27 13:41:12 (1980 ヒット)
2008年度 第3回世話人会開催のお知らせ

次回世話人会を下記のように開催します。
世話人会は、エントロピー学会の会員であれば誰でも参加できますので、
奮ってご参集ください。



日時: 2009年2月7日(土) 午後2時より
場所: 國學院大学渋谷キャンパス 若木タワー棟5階501大学院演習室
主な議題: 
  1)来年度の全国シンポジウムについて
  2)論文の審査制について
  3)20年史の編集について
  4)その他

※午前中は同会場にて東京セミナー2月例会が開催されています。

投稿者 : solo 投稿日時: 2005-06-30 11:11:00 (2192 ヒット)
世話人会は7月9日(土)午後3時から、広島修道大で開催します。
アクセスのルートはいくつかあるようです。修道大のweb siteから地図を添付します。
http://www.shudo-u.ac.jp/ からご覧いただくことも出来ます。
今期シンポジウムのプログラムの確定作業と会場の下見をいたします。
ご参集くださいますよう、お願いいたします。

現地実行委員会の皆様、プレシンポの準備、ご苦労様です。世話人会に提案するプログラムの準備もどうかよろしくお願いいたします。

エントロピー学会事務局 <office@entropy.ac>

投稿者 : solo 投稿日時: 2005-04-12 15:38:04 (2117 ヒット)
5月7日(土)午後2時より
慶応大学日吉・224番教室
主な議題
 世話人会の確定
 新年度世話人役割分担
 広島シンポの企画
 その他

投稿者 : solo 投稿日時: 2005-03-28 05:13:00 (3060 ヒット)
覚書 4編
エントロピー学会第22回シンポジウム一般講演 7編
談話室 2編

第55号の原稿締め切りは、2005年4月30日です。

掲載テスト:WEB担当世話人伊津信之介

投稿者 : solo 投稿日時: 2004-12-31 05:23:00 (1876 ヒット)
英文誌の新刊が二冊同時に完成いたしました。
Vol.7
No.1(2003)"Twenty Perspective on Building a Society Embedded in Natural Cycles"
No.2(2003) "The Conservation Significance of the Property Ward from the Perspective of Commons Theory":Gaku MITSUMATA

英文誌は当学会の考え方を広く海外に発信する目的で発刊されております。
必要部数を事務局までお知らせくだされば、お送りいたします。

お申し込みは、左側のメニュー『お問い合わせ』をクリックし、本文に、誌名、部数、送付先住所・氏名、連絡先電話などをご記入後、送信を押してください。

投稿者 : solo 投稿日時: 2004-12-31 05:22:00 (2052 ヒット)
「20の視点」の英訳の完成を機に、手ごろな小冊子を作りました。
一部300円。50部以上ご注文の場合には、大幅な値引きをいたしますので事務局までご相談ください。

掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.