メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

「研究セミナー」のご案内

世話人会当日、同じ会場にて以下のような「研究セミナー」を開催します。
今回は古沢広祐さん(会員・國學院大學教員)に、持続可能な発展に関する研究の一端を発表して頂きます。興味のある方々は、友人等をお誘いあわせの上、ご参加ください。

日時 2017年12月2日(土)午後1時より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
報告題 「自然における人間の位置と持続可能な発展を考える」
概要 人間世界の成り立ち方について、自分・世界・宇宙から考えるとともに「持続可能な発展」をめぐる世界動向について展望する。
話題提供者 古沢広祐さん
参加費 無料(どなたでも参加いただけます)
連絡先 福本敬夫(fukumoto@chem.sci.osaka-u.ac.jp)

2017年度第2回世話人会開催のお知らせ

本年度の第二回世話人会を以下のような日程で開催いたします。世話人会はエントロピー学会の運営に関して議論する場で、会員であれば誰でも自由に参加して、意見を述べることができますので、皆さん奮ってご参加ください。

尚当日、世話人会に先立ちまして別記のような「研究セミナー」も催しますので、こちらの方へもご多数ご参加ください。

日時 2017年12月2日(土)午後2時40分より
会場 國學院大學渋谷キャンパス
「3号館3305教室」
(交通アクセス)
JR(山手線・埼京線)渋谷駅より徒歩13分。都営バス(渋谷駅東口のりば、学03「日赤医療センター」行き)國學院大學前下車。
(渋谷キャンパス)
詳しくはキャンパスマップをご覧ください。

メールマガジンの登録はこちら

メールマガジンの登録はこちら

原発事故コーナー
原発事故コーナー : 公開講演会 「福島第一原発の事故原因と 大飯原発再稼働問題」
投稿者 : solo 投稿日時: 2012-07-06 12:13:32 (1806 ヒット)
エントロピー学会・関西セミナー
公開講演会
「福島第一原発の事故原因と 大飯原発再稼働問題」
なぜ私はネイチャー誌に論文を投稿したのか なぜ私は民主党に離党届を提出したのか
講師:平智之氏(衆議院議員・京都一区選出)
平智之氏は、京都大学工学部物理工学科で高温金属、米国 UCLA 大学院でファインセラミクスの材料強度学を専攻した 経歴を持つ。材料の特性を知るなかで原子炉の安全性がいか に脆弱であるかを思い知らされたと述べている。昨年の 12 月には、鳩山元首相との共著で『ネイチャー』誌に寄稿し、 福島第一原発過酷事故についての政府や東電が発表するデ ータの信憑性に疑問を呈しつつ、再臨界と核爆発の発生の可 能性を指摘している。平氏は、福島第一原発の過酷事故発生 原因が解明されないままに大飯原発を再稼働すると決定し た野田政権の姿勢に抗議し、6 月 18 日に民主党に離党届を提 出している。平議員に、福島原発事故の真相や日本政府や与 党の意思決定の実態はどうなっているのか、エネルギー政策 を転換するために我々は何をすべきかなどについて語って いただく。
【日時】 2012年7月28日(土)15時~17時
【会場】 同志社大学新町校地「臨光館」 207号室 京都市営地下鉄「今出川」駅より北西方向に徒歩約 7 分。
【参加費】会員・会員同額/予約不要 一般:500 円 学生・大学院生:無料(会員以外の皆様の参加も歓迎します。)
【主催】エントロピー学会・関西セミナー
ホームページ:http://kansemi.jp/
エントロピー学会 ホームページ:http://entropy.ac/

【お問い合わせ先】同志社大学経済学部 和田喜彦 yowada(@)mail.doshisha.ac.jp
電話 Fax:075-251-3582

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.