メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

「研究セミナー」のご案内

世話人会当日、同じ会場にて以下のような「研究セミナー」を開催します。
今回は古沢広祐さん(会員・國學院大學教員)に、持続可能な発展に関する研究の一端を発表して頂きます。興味のある方々は、友人等をお誘いあわせの上、ご参加ください。

日時 2017年12月2日(土)午後1時より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
報告題 「自然における人間の位置と持続可能な発展を考える」
概要 人間世界の成り立ち方について、自分・世界・宇宙から考えるとともに「持続可能な発展」をめぐる世界動向について展望する。
話題提供者 古沢広祐さん
参加費 無料(どなたでも参加いただけます)
連絡先 福本敬夫(fukumoto@chem.sci.osaka-u.ac.jp)

2017年度第2回世話人会開催のお知らせ

本年度の第二回世話人会を以下のような日程で開催いたします。世話人会はエントロピー学会の運営に関して議論する場で、会員であれば誰でも自由に参加して、意見を述べることができますので、皆さん奮ってご参加ください。

尚当日、世話人会に先立ちまして別記のような「研究セミナー」も催しますので、こちらの方へもご多数ご参加ください。

日時 2017年12月2日(土)午後2時40分より
会場 國學院大學渋谷キャンパス
「3号館3305教室」
(交通アクセス)
JR(山手線・埼京線)渋谷駅より徒歩13分。都営バス(渋谷駅東口のりば、学03「日赤医療センター」行き)國學院大學前下車。
(渋谷キャンパス)
詳しくはキャンパスマップをご覧ください。

メールマガジンの登録はこちら

メールマガジンの登録はこちら

原発事故コーナー
原発事故コーナー : 福島第一原発3号機の爆発についての解説 4月26日
投稿者 : solo 投稿日時: 2011-05-06 12:48:02 (2179 ヒット)
3号機爆発と水素爆発との違いについて。米国のスリーマイル原発事故の際、事故調査団のメンバーであった、フェアウィンズ・アソシエーツ社チーフエンジニア アーニー・ガンダーソン氏の解説。
http://youtu.be/P4KXX24Dv1U

投稿者: SenKetsuZikou | 作成日: 2011/04/30
解説者:米国 フェアウィンズ・アソシエーツ社チーフエンジニア アーニー・ガンダー

 核爆発であろうと水素であろうと、プールの使用済み燃料棒の大半が吹き飛んだ。ウランやプルトニウム、ストロンチウムといった猛毒がまき散らされてしかもその一部がアメリカまで届いている。
 水素爆発の場合は、超ウラン同位体やプルトニウムの様なアルファ­核種は揮発化しないが、臨界爆発の場合は、熱反応のために揮発化­し微粒子になって広域に拡散する。
 また、その際に新たに複数の放射能同位体核種が生成され、より被­害は複雑化し深刻になる。ガイガーカウンターでは、狭いガンマ・スペクトラムしか検出でき­ないので、体内被曝で問題になるアルファ〜ベータ領域は全く判ら­ないので、もはや使い物にはならない。日本の高崎のTBT放射性核種探知観測­所のキセノンの15日、16日の値は、計測限界を超­える凄まじい状態だった。GIgaTachyo氏コメント抜粋

===================================
http://hiroakikoide.wordpress.com/
小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.