メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

「研究セミナー」のご案内

世話人会当日、同じ会場にて以下のような「研究セミナー」を開催します。
今回は古沢広祐さん(会員・國學院大學教員)に、持続可能な発展に関する研究の一端を発表して頂きます。興味のある方々は、友人等をお誘いあわせの上、ご参加ください。

日時 2017年12月2日(土)午後1時より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
報告題 「自然における人間の位置と持続可能な発展を考える」
概要 人間世界の成り立ち方について、自分・世界・宇宙から考えるとともに「持続可能な発展」をめぐる世界動向について展望する。
話題提供者 古沢広祐さん
参加費 無料(どなたでも参加いただけます)
連絡先 福本敬夫(fukumoto@chem.sci.osaka-u.ac.jp)

2017年度第2回世話人会開催のお知らせ

本年度の第二回世話人会を以下のような日程で開催いたします。世話人会はエントロピー学会の運営に関して議論する場で、会員であれば誰でも自由に参加して、意見を述べることができますので、皆さん奮ってご参加ください。

尚当日、世話人会に先立ちまして別記のような「研究セミナー」も催しますので、こちらの方へもご多数ご参加ください。

日時 2017年12月2日(土)午後2時40分より
会場 國學院大學渋谷キャンパス
「3号館3305教室」
(交通アクセス)
JR(山手線・埼京線)渋谷駅より徒歩13分。都営バス(渋谷駅東口のりば、学03「日赤医療センター」行き)國學院大學前下車。
(渋谷キャンパス)
詳しくはキャンパスマップをご覧ください。

メールマガジンの登録はこちら

メールマガジンの登録はこちら

原発事故コーナー
原発事故コーナー : 震災復興インターネット
投稿者 : solo 投稿日時: 2011-04-27 12:39:09 (2179 ヒット)
東日本大地震の被災地で復興活動に役立つインターネット接続支援のボランティアプロジェクトが着実に成果をあげ、被災地間のコミュニケーションが組織の壁を越えて行われつつありますので紹介します。いづ@福岡玄海

http://pdrnet.wide.ad.jp/
震災復興ネットワークとは

概要

2011年3月11日東日本大地震の被災者の方々、関係者の方に心よりお見舞い申し上げます。

WIDEプロジェクトは、東日本大震災の被災地の復興をICTを使って支援するボランティアプロジェクトの開始を呼びかけました。それが「震災復興インターネット」です。ICT業界の企業、研究所、大学などが中心となり、被災地の現場の活動のためにインターネットの接続性が貢献することを目的として活動しています。そのために、避難所や被災地の診療所などへのインターネット接続性が通常の方法では困難な場合、それを無線インターネットやPCなど工夫して利用することによりインターネットの利用を開始し、インターネットを用いた被災復興の活動が適切に開始されることを現場・現地の方と協力して確立し、それがその地で継続することを目的に活動しています。

「震災復興インターネット」の活動には、WIDEプロジェクトとしてインターネットの研究開発に参加する大学、企業、行政関係者の有志をはじめ、さまざまな、被災復興活動にインターネットを利用することに賛同していただいた方々の志を受けて活動しています。

現在は活動に専念するために情報の共有は十分ではありませんが、主に被災者現場の方々の取り組みを学び、それに対応する形で活動しています。活動寄付金、インターネット機器を中心にリソースを利用させていただける方のご協力を歓迎します。

事務局

支援依頼、趣旨にご賛同いただける個人/法人/団体からのご寄付やご協力などに関するお問い合わせは下記の「震災復興インターネット事務局」までお願いします。

震災復興インターネット事務局
〒108-0073 東京都港区三田3丁目1-7 東宝ビル302 震災復興連携センター
E-Mail: pdrnet@sfc.wide.ad.jp
TEL: 03-3516-0624

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.