メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

本年度第一回世話人会開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後3時半より
会場 同志社大学今出川校地「良心館 410番教室」
(交通) 京都駅より地下鉄烏丸線10分の「今出川駅」下車1番出口すぐ
交通アクセス(同志社大学web)
googleマップ

世話人会は会員であれば誰でも出席し、意見を述べることができますので、会員の方は奮ってご参加ください。また、本年度の世話人も合わせて募集いたしております。世話人は選挙ではなく、会員であれば誰でも自己申告によりなることができます。

世話人になりたいとお思いの方は、世話人会にご参加いただくか、または直接事務局へご連絡ください。

会員によるセミナー開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後12時半より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
内容 プログラム(PDF形式, 117KB)
参加費 無料(会員でなくても誰でも参加できます)
連絡先 福本(fukumoto●chem.sci.osaka-u.ac.jp)●を@に変更
原発事故コーナー
原発事故コーナー : 震災復興インターネット
投稿者 : solo 投稿日時: 2011-04-27 12:39:09 (2102 ヒット)
東日本大地震の被災地で復興活動に役立つインターネット接続支援のボランティアプロジェクトが着実に成果をあげ、被災地間のコミュニケーションが組織の壁を越えて行われつつありますので紹介します。いづ@福岡玄海

http://pdrnet.wide.ad.jp/
震災復興ネットワークとは

概要

2011年3月11日東日本大地震の被災者の方々、関係者の方に心よりお見舞い申し上げます。

WIDEプロジェクトは、東日本大震災の被災地の復興をICTを使って支援するボランティアプロジェクトの開始を呼びかけました。それが「震災復興インターネット」です。ICT業界の企業、研究所、大学などが中心となり、被災地の現場の活動のためにインターネットの接続性が貢献することを目的として活動しています。そのために、避難所や被災地の診療所などへのインターネット接続性が通常の方法では困難な場合、それを無線インターネットやPCなど工夫して利用することによりインターネットの利用を開始し、インターネットを用いた被災復興の活動が適切に開始されることを現場・現地の方と協力して確立し、それがその地で継続することを目的に活動しています。

「震災復興インターネット」の活動には、WIDEプロジェクトとしてインターネットの研究開発に参加する大学、企業、行政関係者の有志をはじめ、さまざまな、被災復興活動にインターネットを利用することに賛同していただいた方々の志を受けて活動しています。

現在は活動に専念するために情報の共有は十分ではありませんが、主に被災者現場の方々の取り組みを学び、それに対応する形で活動しています。活動寄付金、インターネット機器を中心にリソースを利用させていただける方のご協力を歓迎します。

事務局

支援依頼、趣旨にご賛同いただける個人/法人/団体からのご寄付やご協力などに関するお問い合わせは下記の「震災復興インターネット事務局」までお願いします。

震災復興インターネット事務局
〒108-0073 東京都港区三田3丁目1-7 東宝ビル302 震災復興連携センター
E-Mail: pdrnet@sfc.wide.ad.jp
TEL: 03-3516-0624

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.