メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

本年度第一回世話人会開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後3時半より
会場 同志社大学今出川校地「良心館 410番教室」
(交通) 京都駅より地下鉄烏丸線10分の「今出川駅」下車1番出口すぐ
交通アクセス(同志社大学web)
googleマップ

世話人会は会員であれば誰でも出席し、意見を述べることができますので、会員の方は奮ってご参加ください。また、本年度の世話人も合わせて募集いたしております。世話人は選挙ではなく、会員であれば誰でも自己申告によりなることができます。

世話人になりたいとお思いの方は、世話人会にご参加いただくか、または直接事務局へご連絡ください。

会員によるセミナー開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後12時半より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
内容 プログラム(PDF形式, 117KB)
参加費 無料(会員でなくても誰でも参加できます)
連絡先 福本(fukumoto●chem.sci.osaka-u.ac.jp)●を@に変更

1月例会:新潟の反原発闘争小史―柏崎・刈羽と巻

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2006/12/1 17:47
solo  管理人   投稿数: 133 オンライン
2007年1月13日(土)午後2時?5時

場所:東大駒場? 2号館3階308号室

   (いつもの会場です。建物の玄関が閉まっているときは、脇にある電話で呼び出してください。)

講演題目:新潟の反原発闘争小史―柏崎・刈羽と巻

 講師:菅井益郎(國學院大学経済学部)

 講演要旨:

 1960年代末以降故郷の新潟では柏崎・刈羽と巻の二ヶ所で原発建設計画が持ち込まれ、予定地周辺の住民は否応無しに原発問題に巻き込まれた。柏崎は東京電力、巻は地元東北電力と建設主体は別だが、反対運動の方は連絡を取り合い共闘してきた。しかしそれぞれの地域の社会経済状況も政治状況も大きく異るので、運動もそれぞれ独自性をもって展開してきた。その両地域で原発をめぐる住民投票が行われて、いずれも成功したことはたいへん意義深い。巻では原発計画を撤回させ、柏崎・刈羽ではプルサーマル計画を撤回させたわけだが、両地域の反原発運動の歴史を振り返りながら、それぞれに共通する点と相違する点を考えてみたいと思う。

 なお菅井は柏崎原発反対同盟の結成に参加し、現在も通称「在青」=柏崎・巻原発に反対する在京者の会の世話人的立場にある。なお菅井の『体験的反原発運動史―住民無視の原子力開発に抗して』(たんぽぽ舎、2006年2月発行パンフ)を参考にして頂ければ幸いである。



参加費:500円(学生無料)

 東京セミナー連絡先

丸山真人:東京大学大学院総合文化研究科

〒153-8902 目黒区駒場3-8-1  TEL 03-5454-6466
  条件検索へ

掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.