メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

4月例会:江戸時代の朝鮮通信使と日朝関係

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2006/3/25 10:22
solo  管理人   投稿数: 133 オンライン
【テーマ】「江戸時代の朝鮮通信使と日朝関係」
【日 時】2006年4月15日(土)午後3時?5時半
【場 所】名古屋工業大学大学会館(生協3F)(地下鉄、JR 鶴舞下車)
     注意:いつもの会場の隣の部屋です
【会 費】500円程度〔カンパ)学生、院生免除
【講 師】池内 敏さん(名古屋大学大学院文学研究科教授))
【概 要】朝鮮通信使とは、おおむね徳川将軍の代替わりごとに、その祝賀の
 ために朝鮮王朝から派遣された五○○人規模の外交使節団のことをいいます。
 この使節の派遣が継続的になされていたことをもって、いささかギクシャク
 とした近代以後の日朝関係(あるいは日韓関係)に対し江戸時代の両国には
 善隣友好の関係があったと強調されることもあります。 朝鮮通信使をめぐる
 当時の日朝関係や、そのほか当時の両国間に生じていた交流や折衝(たとえば
 漂流民送還)、相互認識の問題をとりあげながら、江戸時代の日朝関係に
 ついてお話しできたらと思います。

 問合せ先:〒466-8555名古屋市昭和区御器所町名古屋工業大学材料工学科 
  大里斉:TEL:052-735-5284 FAX:052-735-5284
  または、安藤直彦:e-mail:nando@owari.ne.jp
  条件検索へ

掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.