メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

9月例会:マルクス主義とヒューマニズム

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2005/7/24 13:13
solo  管理人   投稿数: 133 オンライン
【日 時】 2005年9月10日(土)午後3時?5時半
【テーマ】 「マルクス主義とヒューマニズム」
【講 師】 近藤凱彦さん(会員)
【会 場】 名古屋工業大学大学会館(生協3F) (JR.地下鉄 鶴舞下車 東へ徒歩10分)
【会 費】 500円程度〔カンパ)学生、院生免除
【概 要】 マルクス主義には目先の利害と長い目で見たときの利害という区別がない。長い目で見たときの利害を考えれば、資本家と労働者は対立しなくても済む。この利害論の誤りは欲望論の誤りに起因する。このことは9年前に私が到達した結論であった。そのあと、転回と修正を重ねた結果、到達した結論はヒューマニズムが正しい、ということである。ヒューマニズムの立場を徹底すれば世界平和もみえてくるはずである。私の思考の過程を追いながらマルクス主義とヒューマニズムの関連を語りたい。

【お問合せ先】:0572-23-2895(寺尾)、または<nando@owari.ne.jp>;(安藤)
  条件検索へ

掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.