メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

6月例会:「浪費と差別の現実」?他者を踏みつけにしない世界を求めてー

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2005/4/26 11:45
solo  管理人   投稿数: 133 オンライン
名古屋懇談会6月例会ご案内(工大祭参加、名工大考える会と共催)
 テーマ】 「浪費と差別の現実」?他者を踏みつけにしない世界を求めてー
【日 時】 2005年6月18日(土)午後3時?5時半
【場 所】 名古屋工業大学 共1講義室(予定)
       JR.地下鉄 鶴舞下車 東へ徒歩10分
【会 費】 500円程度〔カンパ)学生、院生免除
【講 師】 小出 裕章さん(京都大学原子炉実験所)
【概 要】 核エネルギーの解放から今年で60年になります。世界規模の戦争
       の終結で一見平和になったかのように見えた世界では、核軍拡を
       中心として冷戦が続くとともに、一部の「先進国」による飽くこ
       となき浪費が加速度的に進んできました。それによって、人類を
       含めた地球の生命環境は深刻な危機に陥っています。結局、半世
       紀近く続いた冷戦は旧ソ連の崩壊とともに、社会主義国が雪崩れ
       をうって崩壊して終りましたが、今度は、米国の一極支配の下で
       世界各地で戦争が続くとともに、世界の差別化はいっそう進んで
       います。今現在、5億の人々が飢餓に直面し、10億の人々が絶対
       的貧困に喘いでいます。その現状をマスメディアの報道ではない
       視点で捉えなおし、報告します。

お問合せ先:0572-23-2895(寺尾)、または<nando@owari.ne.jp>;(安藤)
  条件検索へ

掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.