メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

「研究セミナー」のご案内

世話人会当日、同じ会場にて以下のような「研究セミナー」を開催します。
今回は古沢広祐さん(会員・國學院大學教員)に、持続可能な発展に関する研究の一端を発表して頂きます。興味のある方々は、友人等をお誘いあわせの上、ご参加ください。

日時 2017年12月2日(土)午後1時より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
報告題 「自然における人間の位置と持続可能な発展を考える」
概要 人間世界の成り立ち方について、自分・世界・宇宙から考えるとともに「持続可能な発展」をめぐる世界動向について展望する。
話題提供者 古沢広祐さん
参加費 無料(どなたでも参加いただけます)
連絡先 福本敬夫(fukumoto@chem.sci.osaka-u.ac.jp)

2017年度第2回世話人会開催のお知らせ

本年度の第二回世話人会を以下のような日程で開催いたします。世話人会はエントロピー学会の運営に関して議論する場で、会員であれば誰でも自由に参加して、意見を述べることができますので、皆さん奮ってご参加ください。

尚当日、世話人会に先立ちまして別記のような「研究セミナー」も催しますので、こちらの方へもご多数ご参加ください。

日時 2017年12月2日(土)午後2時40分より
会場 國學院大學渋谷キャンパス
「3号館3305教室」
(交通アクセス)
JR(山手線・埼京線)渋谷駅より徒歩13分。都営バス(渋谷駅東口のりば、学03「日赤医療センター」行き)國學院大學前下車。
(渋谷キャンパス)
詳しくはキャンパスマップをご覧ください。

メールマガジンの登録はこちら

メールマガジンの登録はこちら

原発事故コーナー
原発事故コーナー : フランクフルター・アールゲマイネ(FAZ.net)記事抄訳(7)
投稿者 : solo 投稿日時: 2011-04-22 16:17:50 (2073 ヒット)
福島原発事故に関連する記事の表題と抄訳を安藤直彦会員が随時行う。(掲載伊津)

2011年4月10日
(Sigmar Gabriel インタビュー)
我々はドイツ産業のために戦う(ドイツ事情)
SPDの委員長、Sigmar Gabrielは計画中の脱原発の際、連邦政府が産業界の利益を十分配慮していないことを非難した。我々はそれぞれの産業の作業現場で戦わなければならない、
Gabrielはフランクフルトアールゲマイネの日曜版とのインタビューで語った。

2011年4月10日
(Norbert Roettgen 談話)
恐竜をどのように終わらせるか、誰が拒んでいるのか(ドイツ事情)
連邦環境相RoettgenはFAZとのインタビューで原子力の利用からの脱出について、現在重要な決定を予告した。エネルギー変換は「党の決定的な合意」である。;エコファンド(再生可能エネルギーへの電力コンツェルンの補助)の支払いはやめるべきだという電力コンツェルンの結論は一種の「パラダイム変換」である。

2011年4月11日
(日本で大きな余震)
避難地域を30kmにまで拡大
日本政府は福島原発の周囲の避難地域を何週間も遅れたのちに、いまようやく拡大した。月曜日(4月11日)にはマグニチュード7.1の新しい余震があった。ベルリンの日本大使は原子力エネルギーの代替についての熟考を要求している。

2011年4月12日
(エネルギー変革)
パラダイスを前にした警告(ドイツ事情)
もし、40年間で化石燃料も、原子力エネルギーなしで間に合わせるという、すべての政党によって追求されてきた目標が現実になったら、ドイツ人にとって自分の国が全く見覚えがないものになるだろう。広い地域で、風力、太陽光屋根、バイオ反応装置、送電予定線、
などがエネルギー工場に変わるだろう。

2011年4月12日
(脱原発)
経済界はエネルギー政策に不安を感じている(ドイツ事情)
エネルギー集約的な製造部門は、政府がすべての利益社会的なグループについて表むき論じようとしていることに、彼らは明らかに見落としてきたのだが、不安を感じている。SPD(社会民主党)はこの間、ガスと石炭火力を増強してきた:それは支払い可能な電力価格にかかっている。

2011年4月12日
(福島)
最高の段階だがそれは最終段階ではない。
日本の原子力保安委員会は福島の原発災害をレベル7に引き上げた。その際、この値は後戻りしている。原子炉災害の新しい格付けはまだ最終のものではない。

2011 年4月12日
(巨大なタービン)
風力産業は大きな計画をもっている(ドイツ事情)
より速く、より高く、より軽く:この産業は新しい風力タービンを計画している。計画中のものは、これまでの最大のものの3倍の能力をもったタービンである。回転翼は直径250mになる予定で、2020年からエネルギーを発生できるだろう。

2011年4月13日
(原子力に対する代替エネルギー)
エネルギー代理業者は脱原発をしないように警告している(ドイツ事情)
より多くの二酸化炭素、より高いエネルギー価格を計算すべきだとChefoekonom Fatin Birolは述べている。そして同時に代替エネルギーの増強についてはドイツをほめている。
彼は代替エネルギーの成果のための重要な条件として排出権取引を支持している。

2011年4月13日
(新しいワールドウオッチレポート)
原子力とのラストダンス(ドイツ事情)
再生可能なライバルが成功している。ベルリンでワールドウオッチ研究所の核エネルギーについての新しい報告書が前もって公表された。それは世界的なエネルギー変革の構図を示している。風力、太陽、バイオマスが始めて原子力による電力の容量をこえた。

2011年4月14日
(フランス)
原子力についてのコンセンサスが崩れ落ちている(フランス事情)
ライン川上流のフェッセンハイムの原子力発電所はフランスの原子力村の恐竜として通っている。核エネルギーへの批判はアルザス地方ではこれまですべての場合少数意見であった。福島の影響でそれは変化した。サルコジ大統領は有利な態勢をつくるためにこの原子炉を電力網からほとんどはずすことを考えている。


フランクフルター・アールゲマイネ より
Aktuelle Nachrichten online - FAZ.NET
http://www.faz.net/s/homepage.html

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(独: Frankfurter Allgemeine Zeitung - F.A.Z.)は、第二次世界大戦後の1949年にフランクフルト・アム・マインに再建されたドイツの新聞。略号は FAZ である。福島原発事故に関連する記事の表題と抄訳を安藤直彦会員が随時行う。 体裁を整え伊津が掲載する。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.