メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

本年度第一回世話人会開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後3時半より
会場 同志社大学今出川校地「良心館 410番教室」
(交通) 京都駅より地下鉄烏丸線10分の「今出川駅」下車1番出口すぐ
交通アクセス(同志社大学web)
googleマップ

世話人会は会員であれば誰でも出席し、意見を述べることができますので、会員の方は奮ってご参加ください。また、本年度の世話人も合わせて募集いたしております。世話人は選挙ではなく、会員であれば誰でも自己申告によりなることができます。

世話人になりたいとお思いの方は、世話人会にご参加いただくか、または直接事務局へご連絡ください。

会員によるセミナー開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後12時半より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
内容 プログラム(PDF形式, 117KB)
参加費 無料(会員でなくても誰でも参加できます)
連絡先 福本(fukumoto●chem.sci.osaka-u.ac.jp)●を@に変更
シンポジウム
シンポジウム : 2009年エントロピー学会シンポジウム(第27回)
投稿者 : solo 投稿日時: 2009-04-26 15:48:30 (1949 ヒット)
シンポジウム参加呼びかけ・オプショナルツアー案内

テーマ: グローバル危機へのローカルからの挑戦

― 生命(いのち)と暮らしの視点から ―

日時: 2009年 9月20, 21日(オプショナル・ツァー: 19日)

場所: 國學院大學渋谷キャンパス(東京都 渋谷区東4-10-28、渋谷駅から徒歩15分)

記念講演1: 吉澤保幸(ぴあ(株)顧問・税理士、場所文化フォーラム代表幹事) 「金融危機に対抗する地域再生の試み?ローカルからの新たな社会構想」(仮題)
記念講演2: 湯浅 誠(生活サポートセンター・もやい事務局長、反貧困ネットワーク事務局長) 「年越し派遣村から見えてきた日本と世界」

基調講演 : 古沢広祐(国学院大学経済学部教員) 「グローバル危機と地域・循環の再生?食・農・環境からの展望」

参加費

一般  一日2000円 2日間 3000円

学生  一日1000円 2日間 1500円

シンポジウムまでのスケジュール:

・ 自主企画と一般講演申し込み締切 6月30日

・ プログラム確定: 7月19日

・ 予稿提出締切 :8月31日

〔オプショナル・ツァーの計画〕

○ 視察地:埼玉県比企郡小川町

○ 日 時:シンポジウム前日の9月19日(金)正午

(小川町駅に集合し地元有機農産物グループのレストランで昼食後出発、夕方5時頃終了の予定)

* 見学の費用:3,000円(霜里農場 2,000円、NPOふうど 1,000円)
* 参加申し込み締め切り:8月31日
シンポジウム参加呼びかけ・オプショナルツアー案内

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.