メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

本年度第一回世話人会開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後3時半より
会場 同志社大学今出川校地「良心館 410番教室」
(交通) 京都駅より地下鉄烏丸線10分の「今出川駅」下車1番出口すぐ
交通アクセス(同志社大学web)
googleマップ

世話人会は会員であれば誰でも出席し、意見を述べることができますので、会員の方は奮ってご参加ください。また、本年度の世話人も合わせて募集いたしております。世話人は選挙ではなく、会員であれば誰でも自己申告によりなることができます。

世話人になりたいとお思いの方は、世話人会にご参加いただくか、または直接事務局へご連絡ください。

会員によるセミナー開催のお知らせ

日時 2017年7月22日(土)午後12時半より
会場 上記世話人会と同じ部屋です。
内容 プログラム(PDF形式, 117KB)
参加費 無料(会員でなくても誰でも参加できます)
連絡先 福本(fukumoto●chem.sci.osaka-u.ac.jp)●を@に変更
シンポジウム
シンポジウム : 2009年シンポジウムサイトを開設しました。
投稿者 : solo 投稿日時: 2009-03-12 14:34:58 (1840 ヒット)
2009年シンポジウムのWEBサイトへ

上のリンクをクリックし2009年シンポジウムサイトへお越し下さい。
右下新規登録文字の下に登録リンクがあります。
クリックしユーザ名を決め、お使いのメールアドレスをお書きください。
WordPressからパスワードがメールで送られます。指示に従ってログインして下さい。
シンポジウムサイトはWordPressというブログです。
本年度の全国シンポジウムの概要決まる!
9月20日(日)、21日(月、祝日)に国学院大学渋谷キャンパスで
        メインテーマは
     グローバル危機へのローカルからの挑戦
     ー 生命(いのち)と暮らしの視点から ー

 2月の世話人会に合わせて行われた第1回実行委員会において、本年度の全国シ
ンポジウムの概要が上のように決まりました。皆さんの今秋の予定表にしっかりと
お書き留めください。
 昨今の新聞各紙の紙面をみると、「100年に一度の金融危機」「サブプライムロー
ン」「リーマン・ショック」「大リストラ断行」「派遣切り」、などなどという言葉
が毎日のように飛び交っている。西欧近代文明を基底空し、拡大再生産に基づくグ
ローバル資本主義は、自然破壊や貧富の格差拡大、食糧問題、倫理なきマネーゲー
ムなどを噴出させ、挙句の果ては全世界の人々の生命(いのち)や暮らしまでを脅か
す存在となった。今こそ、グローバリゼーションに対抗して、その抜本的な見直し
を迫る必要がある。
 では、私たちはどういう課題を持ってこの問題に取り組んだらいいのか。
 グローバルから、その対極にあるローカルに目線を落とし、ローカルから新たな
社会構想を生命(いのち)と暮らしの視点から考えてみる必要があるのではないだ
ろうか。
 今秋の全国シンポジウムでは、皆さんと大いに議論してみたいと思います。

 また、全国シンポジウムでは今回も皆さんの発表の場である自主企画および一般
講演を行いたいと存じます。オプショナルツアーについても現在、実施する方向で
検討中です。これらを含めてシンポジウムの詳細な内容につきましては、次号以降
にてお知らせします。 (えすNo.154より転載)

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
掲載記事の検索
論文・記事・記録のアーカイブ

掲載年月で記事を探す

クリック↓

アーカイブへ

Copyright © 1998-2004 The Society for Studies On Entropy. All Rights Reserved.